防犯砂利を敷くだけで防犯対策に繋がる|家族を守る術

玉砂利の有効活用

家

気になる使い方

最近、家の周りや庭などに玉砂利を敷き詰めている家が増えています。玉砂利は防犯効果があるため、泥棒などに入られるのを防ぐことができます。なぜ玉砂利が泥棒などに効果的なのかというと、砂利の一粒一粒が普通のものに比べ大きいため歩くたびに粒同士がこすれて音を出します。そのため人が入ってきたことが良くわかるのです。そのため人に気づかれてはいけない泥棒などはこの上を歩きたくないため玉砂利が敷き詰められた家には泥棒があまり来ないのです。この玉砂利の防犯効果を高めるためにいくつかのポイントがあります。まず1つ目は、砂利をしく場所の雑草などを除去しておくということです。除草しておかないと砂利の間に草が入り込み上を歩いても音が鳴らないといった事態を引き起こしてしまうからです。雑草などの処理にもいくつかの方法があります。例えば薬品などを使って雑草を枯らしてしまう方法や上からネットをかけて雑草が伸びてこないようにするなどの方法もあります。そのため自分の家の状態にあった雑草の除去方法を選ぶことができます。2つ目のポイントは砂利の高さです。砂利の上に人が通るとそこの部分の砂利はどんどん横に移動していきます。そのため砂利があまり敷き詰められていないと、砂利がない部分ができてしまうため、そこを通ることで音を出さずにいくことができていまいます。しかし3センチから5センチほどの高さで敷き詰めていれば、ある程度上を通っても均等に砂利があるのでどこを通っても音が鳴るようにすることができます。