防犯砂利を敷くだけで防犯対策に繋がる|家族を守る術

安心できる住空間を守る

玉砂利

防犯対策はシンプルで簡単

砂利を敷き詰めておくと、その音が邪魔になって住宅への侵入を防ぐと評判なのが防犯砂利です。住宅に侵入しにくくなる要素には光や音などがあげられ、人勧センサーのライトやチャイムも多く使用されています。ただし、購入価格やランニングコストを考えると防犯砂利のほうが手軽で便利だという声があります。この防犯砂利には種類がたくさんあるので、それぞれの防犯効果と価格を比較して購入したほうがよいでしょう。軽石タイプは40kgで2000円程度、カラーの玉砂利は30kgで4000円前後、砕石砂利は30kgで3500円程度が、主な防犯砂利の目安価格です。同じ重さで比較できるように計算しておけば、わかりやすくなります。また、防犯砂利を敷き詰めることで除草できるタイプもあるので、庭の管理がしやすくなるケースも見られます。砂利の種類により発生する音のレベルも異なっています。70 kgなら電話のベルと同程度、80 kgならピアノと同じ程度の音が発生すると言われています。音は大きいほど防犯効果が期待できると、防犯砂利選びの条件にあげられています。また、必要となる砂利の量は、敷き詰める場所の広さでかわります。一般的には1平方メートルに1cmの厚さで敷き詰める場合、20kgの防犯砂利が必要です。設置場所の広さを確認してから、防犯砂利の量を決めると無駄なく使用できます。最小量で済ませたいと考える人が多いですが、防犯砂利を引く幅は大人がジャンプしても飛び越えられない程度にすることが推奨されています。