防犯砂利を敷くだけで防犯対策に繋がる|家族を守る術

砂利

家庭で出来る防犯対策

家の庭に敷く玉砂利は、踏みしめた時に音が出るために防犯グッズとしても注目されています。特に防犯砂利は踏みしめた時に出る音が通常の砂利よりも大きいのが特徴です。砂利を敷く時は防犯効果や景観を保つために前もって準備が必要です。また、砂利を敷く時は家の庭の雰囲気に合わせて色や大きさを選ぶと良いでしょう。

玉砂利

安心できる住空間を守る

音によって防犯効果を高めると期待されているのが防犯砂利です。石の種類や発生する音の大きさなどによって、価格が異なっているので比較してから検討しましょう。最低限のコストで最高のパフォーマンスを発揮する防犯砂利があると、より安心することができます。

不審者を侵入させない

庭

大きな音を出します

不審者が家の敷地内に入ってきたら、すぐにわかるように庭に防犯砂利を敷き詰めている人は多いです。防犯砂利を敷き詰めることで、不審者が敷地内に入ってきたときに大きな音を出すことができます。不審者も自分が歩くことによって音がするので、それ以上侵入しなくなるといった防犯効果が期待できます。ホームセンターでも扱っていますし、インターネットで購入することもできます。また、防犯砂利を庭に敷き詰めることで景観がよくなりますし、雑草が生えにくくなるといった効果もあるので人気になってきています。防犯砂利を効果的に使用するためには、敷き詰める前にきちんと除草作業をすることが大切です。というのは、除草作業をしないまま敷き詰めてしまうと、草はどんどん生えてきてしまうからです。草が生えているとクッションになってしまい、石がこすれ合う音が出にくくなり、防犯砂利としての役目が果たせなくなってしまいます。家の周り全体に防犯砂利を敷き詰めることが理想的ですが、庭の作り方によってできないことも多いです。優先的に敷き詰めておきたい場所としては、道路から死角になっているような場所や窓など侵入しやすい場所です。敷き詰めた範囲が飛び越えることができてしまうようでは意味がないので、4メートル程度は敷き詰めます。敷き詰める量が少ないと、石が広がってしまって草が生えやすい状態になってしまうので、最低でも3センチの高さを確保しておきます。事前の除草作業や防犯砂利の敷き詰めは、面倒で大変な作業なので、専門業者に依頼するのもおススメです。

家

玉砂利の有効活用

玉砂利は普通の砂利より大きく歩くと音がするという性質から家の防犯に使われることが多くなっています。除草をしたり、高く敷き詰めたりといったポイントを抑えることでより効果的で安全な防犯対策として利用することができます。